ゴッホおじさん

イワミズアサコ

詳細
ゴッホおじさん

イワミズアサコ

ゴッホおじさん

サイズ
313×404×25mm
制作年
2021
素材
布(シルク/ウール等)/スチレンボード/木製パネル
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

マティス夫人

イワミズアサコ

詳細
マティス夫人

イワミズアサコ

マティス夫人

サイズ
313×404×25mm
制作年
2021
素材
布(シルク/ウール等)/スチレンボード/木製パネル
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

帽子を被ったジャンヌ

イワミズアサコ

詳細
帽子を被ったジャンヌ

イワミズアサコ

帽子を被ったジャンヌ

サイズ
237×328×25mm
制作年
2021
素材
布(シルク/ウール等)/スチレンボード/木製パネル
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

モナリザ

イワミズアサコ

詳細
モナリザ

イワミズアサコ

モナリザ

サイズ
313×404×25mm
制作年
2021
素材
布(シルク/ウール等)/スチレンボード/木製パネル
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

真珠の耳飾りの女

イワミズアサコ

詳細
真珠の耳飾りの女

イワミズアサコ

真珠の耳飾りの女

サイズ
237×328×25mm
制作年
2021
素材
布(シルク/ウール等)/スチレンボード/木製パネル
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

叫び

イワミズアサコ

詳細
叫び

イワミズアサコ

叫び

サイズ
313×404×25mm
制作年
2021
素材
布(シルク/ウール等)/スチレンボード/木製パネル
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

BORDERLESS – FOREST

大橋澪

詳細
BORDERLESS – FOREST

大橋澪

BORDERLESS – FOREST

サイズ
727×530×20mm
制作年
2021
素材
アクリル、キャンバス
作品説明
どこまでも広がる、無限の空と地平線。その間にある境界線は、太陽の光でキラキラと輝く瞬間、溶け合って1つになり、その境目がなくなる。そんな瞬間を表現したBORDERLESSシリーズの作品です。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

BORDERLESS – DUNE No.19

大橋澪

詳細
BORDERLESS – DUNE No.19

大橋澪

BORDERLESS – DUNE No.19

サイズ
727×530×20mm
制作年
2021
素材
アクリル、キャンバス
作品説明
どこまでも広がる、無限の空と地平線。その間にある境界線は、太陽の光でキラキラと輝く瞬間、溶け合って1つになり、その境目がなくなる。そんな瞬間を表現したBORDERLESSシリーズの作品です。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

BORDERLESS – DUNE No.11

大橋澪

詳細
BORDERLESS – DUNE No.11

大橋澪

BORDERLESS – DUNE No.11

サイズ
530×410×18mm
制作年
2021
素材
アクリル、キャンバス
作品説明
どこまでも広がる、無限の空と地平線。その間にある境界線は、太陽の光でキラキラと輝く瞬間、溶け合って1つになり、その境目がなくなる。そんな瞬間を表現したBORDERLESSシリーズの作品です。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

BORDERLESS – DUNE No.12

大橋澪

詳細
BORDERLESS – DUNE No.12

大橋澪

BORDERLESS – DUNE No.12

サイズ
530×410×18mm
制作年
2021
素材
アクリル、キャンバス
作品説明
どこまでも広がる、無限の空と地平線。その間にある境界線は、太陽の光でキラキラと輝く瞬間、溶け合って1つになり、その境目がなくなる。そんな瞬間を表現したBORDERLESSシリーズの作品です。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

FLOW – FOREST

大橋澪

詳細
FLOW – FOREST

大橋澪

FLOW – FOREST

サイズ
333×333×18mm
制作年
2021
素材
アクリル、キャンバス
作品説明
静かな佇まいながら、力強さや美しさを感じるFLOWシリーズの作品です。 原石のような、内に秘めた「脈々と流れる力強いエネルギー」というイメージで制作しています。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

FLOW – STONE BLUE

大橋澪

詳細
FLOW – STONE BLUE

大橋澪

FLOW – STONE BLUE

サイズ
333×333×18mm
制作年
2021
素材
アクリル、キャンバス
作品説明
静かな佇まいながら、力強さや美しさを感じるFLOWシリーズの作品です。 原石のような、内に秘めた「脈々と流れる力強いエネルギー」というイメージで制作しています。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

BORDERLESS – OCEAN

大橋澪

詳細
BORDERLESS – OCEAN

大橋澪

BORDERLESS – OCEAN

サイズ
333×242×18mm
制作年
2021
素材
アクリル、キャンバス
作品説明
どこまでも広がる、無限の空と地平線。その間にある境界線は、太陽の光でキラキラと輝く瞬間、溶け合って1つになり、その境目がなくなる。そんな瞬間を表現したBORDERLESSシリーズの作品です。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

ErotismータナトスⅠー

下濵美久

詳細
ErotismータナトスⅠー

下濵美久

ErotismータナトスⅠー

サイズ
652×652mm
制作年
2021
素材
カンバス、アクリル絵の具
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

ErotismータナトスⅡー

下濵美久

詳細
ErotismータナトスⅡー

下濵美久

ErotismータナトスⅡー

サイズ
652×652mm
制作年
2021
素材
カンバス、アクリル絵の具
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Harvest Moon

下濵美久

詳細
Harvest Moon

下濵美久

Harvest Moon

サイズ
455×455mm
制作年
2021
素材
木製パネル、アクリル絵の具
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Wolf Moon

下濵美久

詳細
Wolf Moon

下濵美久

Wolf Moon

サイズ
455×455mm
制作年
2021
素材
カンバス、アクリル絵の具
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Buck Moon

下濵美久

詳細
Buck Moon

下濵美久

Buck Moon

サイズ
455×455mm
制作年
2021
素材
カンバス、アクリル絵の具
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Flower Moon

下濵美久

詳細
Flower Moon

下濵美久

Flower Moon

サイズ
455×455mm
制作年
2021
素材
カンバス、アクリル絵の具
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Erotismー蘭ー

下濵美久

詳細
Erotismー蘭ー

下濵美久

Erotismー蘭ー

サイズ
910×910mm
制作年
2021
素材
カンバス、アクリル絵の具
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Vaginaー蘭Ⅰー

下濵美久

詳細
Vaginaー蘭Ⅰー

下濵美久

Vaginaー蘭Ⅰー

サイズ
455×455mm
制作年
2021
素材
カンバス、アクリル絵の具
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Summer illusionー夏の幻ー

下濵美久

詳細
Summer illusionー夏の幻ー

下濵美久

Summer illusionー夏の幻ー

サイズ
530×530mm
制作年
2021
素材
カンバス、油彩
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Slice/美少女戦士は世界を救えない

タカハシマホ

詳細
Slice/美少女戦士は世界を救えない

タカハシマホ

Slice/美少女戦士は世界を救えない

サイズ
530×530mm
制作年
2021
素材
Brass leaf. acrylic on wood panel
作品説明
人の成長の過程において、経験や体験は地層のように積み重なり、人格がかたちづくられる。
その地層の間にいくつもの節目があり、枝分かれした選択肢によりその後の人生が大きく変わる可能性が、数えきれないほどの世界線と繋がっている。

インターネットの世界では他人同士の様々な世界線が同時にタイムラインを駆け巡り、決して交わることがなかった世界が容易く交わるようになった今、画面の向こう側で起きていることはもはや他人事ではない。

構築された人格は、デジタルを通じることにより、見る角度、切り取る角度に変化が現れる。
ちょっとしたボタンの掛け違いによって自分が別人になっていた可能性も十分あり得るのである。

スライスの作品で提唱している「世界線」という言葉は、本来の相対性理論の意味ではなく、日本の若者たちに多用されている、「無限の並行世界がある」という意味で「世界線」と使用している。
この意味での「世界線」を有名にしたのは、2011年4月からテレビアニメが放送された、Steins;Gate シュタインズゲートで使用されたものを語源としている

展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Slice/もしもボックス

タカハシマホ

詳細
Slice/もしもボックス

タカハシマホ

Slice/もしもボックス

サイズ
530×530mm
制作年
2021
素材
Brass leaf. acrylic on wood panel
作品説明
人の成長の過程において、経験や体験は地層のように積み重なり、人格がかたちづくられる。
その地層の間にいくつもの節目があり、枝分かれした選択肢によりその後の人生が大きく変わる可能性が、数えきれないほどの世界線と繋がっている。

インターネットの世界では他人同士の様々な世界線が同時にタイムラインを駆け巡り、決して交わることがなかった世界が容易く交わるようになった今、画面の向こう側で起きていることはもはや他人事ではない。

構築された人格は、デジタルを通じることにより、見る角度、切り取る角度に変化が現れる。
ちょっとしたボタンの掛け違いによって自分が別人になっていた可能性も十分あり得るのである。

スライスの作品で提唱している「世界線」という言葉は、本来の相対性理論の意味ではなく、日本の若者たちに多用されている、「無限の並行世界がある」という意味で「世界線」と使用している。
この意味での「世界線」を有名にしたのは、2011年4月からテレビアニメが放送された、Steins;Gate シュタインズゲートで使用されたものを語源としている

展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

slice/Gorogoro Black

タカハシマホ

詳細
slice/Gorogoro Black

タカハシマホ

slice/Gorogoro Black

サイズ
455×455mm
制作年
2021
素材
Brass leaf. acrylic on wood panel
作品説明
人の成長の過程において、経験や体験は地層のように積み重なり、人格がかたちづくられる。
その地層の間にいくつもの節目があり、枝分かれした選択肢によりその後の人生が大きく変わる可能性が、数えきれないほどの世界線と繋がっている。

インターネットの世界では他人同士の様々な世界線が同時にタイムラインを駆け巡り、決して交わることがなかった世界が容易く交わるようになった今、画面の向こう側で起きていることはもはや他人事ではない。

構築された人格は、デジタルを通じることにより、見る角度、切り取る角度に変化が現れる。
ちょっとしたボタンの掛け違いによって自分が別人になっていた可能性も十分あり得るのである。

スライスの作品で提唱している「世界線」という言葉は、本来の相対性理論の意味ではなく、日本の若者たちに多用されている、「無限の並行世界がある」という意味で「世界線」と使用している。
この意味での「世界線」を有名にしたのは、2011年4月からテレビアニメが放送された、Steins;Gate シュタインズゲートで使用されたものを語源としている

展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

slice/Gorogoro White

タカハシマホ

詳細
slice/Gorogoro White

タカハシマホ

slice/Gorogoro White

サイズ
455×455mm
制作年
2021
素材
Brass leaf. acrylic on wood panel
作品説明
人の成長の過程において、経験や体験は地層のように積み重なり、人格がかたちづくられる。
その地層の間にいくつもの節目があり、枝分かれした選択肢によりその後の人生が大きく変わる可能性が、数えきれないほどの世界線と繋がっている。

インターネットの世界では他人同士の様々な世界線が同時にタイムラインを駆け巡り、決して交わることがなかった世界が容易く交わるようになった今、画面の向こう側で起きていることはもはや他人事ではない。

構築された人格は、デジタルを通じることにより、見る角度、切り取る角度に変化が現れる。
ちょっとしたボタンの掛け違いによって自分が別人になっていた可能性も十分あり得るのである。

スライスの作品で提唱している「世界線」という言葉は、本来の相対性理論の意味ではなく、日本の若者たちに多用されている、「無限の並行世界がある」という意味で「世界線」と使用している。
この意味での「世界線」を有名にしたのは、2011年4月からテレビアニメが放送された、Steins;Gate シュタインズゲートで使用されたものを語源としている

展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

slice/Ringring Black

タカハシマホ

詳細
slice/Ringring Black

タカハシマホ

slice/Ringring Black

サイズ
455×455mm
制作年
2021
素材
Brass leaf. acrylic on wood panel
作品説明
人の成長の過程において、経験や体験は地層のように積み重なり、人格がかたちづくられる。
その地層の間にいくつもの節目があり、枝分かれした選択肢によりその後の人生が大きく変わる可能性が、数えきれないほどの世界線と繋がっている。

インターネットの世界では他人同士の様々な世界線が同時にタイムラインを駆け巡り、決して交わることがなかった世界が容易く交わるようになった今、画面の向こう側で起きていることはもはや他人事ではない。

構築された人格は、デジタルを通じることにより、見る角度、切り取る角度に変化が現れる。
ちょっとしたボタンの掛け違いによって自分が別人になっていた可能性も十分あり得るのである。

スライスの作品で提唱している「世界線」という言葉は、本来の相対性理論の意味ではなく、日本の若者たちに多用されている、「無限の並行世界がある」という意味で「世界線」と使用している。
この意味での「世界線」を有名にしたのは、2011年4月からテレビアニメが放送された、Steins;Gate シュタインズゲートで使用されたものを語源としている

展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

slice/Ringring White

タカハシマホ

詳細
slice/Ringring White

タカハシマホ

slice/Ringring White

サイズ
455×455mm
制作年
2021
素材
Brass leaf. acrylic on wood panel
作品説明
人の成長の過程において、経験や体験は地層のように積み重なり、人格がかたちづくられる。
その地層の間にいくつもの節目があり、枝分かれした選択肢によりその後の人生が大きく変わる可能性が、数えきれないほどの世界線と繋がっている。

インターネットの世界では他人同士の様々な世界線が同時にタイムラインを駆け巡り、決して交わることがなかった世界が容易く交わるようになった今、画面の向こう側で起きていることはもはや他人事ではない。

構築された人格は、デジタルを通じることにより、見る角度、切り取る角度に変化が現れる。
ちょっとしたボタンの掛け違いによって自分が別人になっていた可能性も十分あり得るのである。

スライスの作品で提唱している「世界線」という言葉は、本来の相対性理論の意味ではなく、日本の若者たちに多用されている、「無限の並行世界がある」という意味で「世界線」と使用している。
この意味での「世界線」を有名にしたのは、2011年4月からテレビアニメが放送された、Steins;Gate シュタインズゲートで使用されたものを語源としている

展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

潜める夜

根ノ木 あさみ

詳細
潜める夜

根ノ木 あさみ

潜める夜

サイズ
455 mm × 333mm
制作年
2021
素材
キャンバス、油彩
作品説明
今日もどこかで朝が始まり、どこかで夜が始まります。終わっているようで始まっている一日、空は静かにただそのサイクルを繰り返しています。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

薄暮の静寂

根ノ木 あさみ

詳細
薄暮の静寂

根ノ木 あさみ

薄暮の静寂

サイズ
410mm × 273 mm
制作年
2020
素材
キャンバス、油彩
作品説明
日没後の黄昏時、彩りを持って一日が終わりを迎え、美しい夜が始まります。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

別の世界の夢を見る

根ノ木 あさみ

詳細
別の世界の夢を見る

根ノ木 あさみ

別の世界の夢を見る

サイズ
455 mm × 333mm
制作年
2021
素材
キャンバス、油彩
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

晴れ渡る世界

根ノ木 あさみ

詳細
晴れ渡る世界

根ノ木 あさみ

晴れ渡る世界

サイズ
455 mm × 333mm
制作年
2021
素材
キャンバス、油彩
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

月待夜

根ノ木 あさみ

詳細
月待夜

根ノ木 あさみ

月待夜

サイズ
530 mm × 410mm
制作年
2021
素材
キャンバス、油彩
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

黄昏の間

根ノ木 あさみ

詳細
黄昏の間

根ノ木 あさみ

黄昏の間

サイズ
455 mm × 333mm
制作年
2021
素材
キャンバス、油彩
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

包まれて 5/10

堀川 由梨佳

詳細
包まれて 5/10

堀川 由梨佳

包まれて 5/10

サイズ
80 × 180 × 105mm
制作年
2019
素材
Resin, acrylic paint
(樹脂、アクリル絵の具)
作品説明
包まれて眠ることへの安心感をイメージしています。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

KEEN 4/10

堀川 由梨佳

詳細
KEEN 4/10

堀川 由梨佳

KEEN 4/10

サイズ
200 × 200 × 150mm
制作年
2020
素材
Resin,acrylic paint
(樹脂、アクリル絵の具)
作品説明
コミカルに活発に、何事にも前向きに進んでいく様子をイメージしました。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

as you are( on border)

堀川 由梨佳

詳細
as you are( on border)

堀川 由梨佳

as you are( on border)

サイズ
530 × 655 × 20mm
制作年
2021
素材
canvas,acrylic paint
(キャンバス、アクリル絵の具)
作品説明
雲を様々な「思考、想い」として捉え、「no border」は「on border」と対で私たちが古くから纏っている「ボーダー」について考えを巡らせたり、後ろ髪をひかれるような記憶がどこから来ているのかを柔らかな空気感で考えていきたいと描きました。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

as you are( no border)

堀川 由梨佳

詳細
as you are( no border)

堀川 由梨佳

as you are( no border)

サイズ
530 × 655 × 20mm
制作年
2021
素材
canvas,acrylic paint
(キャンバス、アクリル絵の具)
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Aaa

堀川 由梨佳

詳細
Aaa

堀川 由梨佳

Aaa

サイズ
652 × 500 × 20mm
制作年
2019
素材
wooden panel,acrylic paint
(木製パネル、アクリル絵の具)
作品説明
ため息をつくことでストレスやらなんやらを吐き出してリラックスしている様子です。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Do Me Do Me *GB3

山口真人

詳細
Do Me Do Me *GB3

山口真人

Do Me Do Me *GB3

サイズ
803 × 803 mm
制作年
2021
素材
acrylic on canvas
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Do Me Do Me *GR3

山口真人

詳細
Do Me Do Me *GR3

山口真人

Do Me Do Me *GR3

サイズ
803 × 803 mm
制作年
2021
素材
acrylic on canvas
作品説明
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

君に気づかないまま

U-ku

詳細
君に気づかないまま

U-ku

君に気づかないまま

サイズ
158×227mm
制作年
2021
素材
水彩絵具, 銀箔
作品説明
無造作に広げた水彩絵具の模様から美しいと感じる部分のみを切り出し、残りの部分は全て塗り潰された作品。出会ったことに気付けないと悲しい気持ちになる。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐expansion‐

今だからこそ

U-ku

詳細
今だからこそ

U-ku

今だからこそ

サイズ
158×227mm
制作年
2021
素材
水彩絵具, 金箔
作品説明
無造作に広げた水彩絵具の模様から美しいと感じる部分のみを切り出し、残りの部分は全て塗り潰された作品。手遅れということはなく、今だからこそ意味を為すこともあると思う。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

届かない

U-ku

詳細
届かない

U-ku

届かない

サイズ
410×410mm
制作年
2021
素材
水彩絵具, 顔料, 銀箔, 雲母
作品説明
無造作に広げた水彩絵具の模様から美しいと感じる部分のみを切り出し、残りの部分は全て塗り潰された作品。これだけ離れてしまうと、膝を抱えてうずくまりたくなってしまう。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

ノイズ

U-ku

詳細
ノイズ

U-ku

ノイズ

サイズ
333×333mm
制作年
2021
素材
水彩絵具, 顔料, 金箔
作品説明
無造作に広げた水彩絵具の模様から美しいと感じる部分のみを切り出し、残りの部分は全て塗り潰された作品。雑音すら愛おしく心地よく聞こえるとき、世界が輝いて見える。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

優等生

U-ku

詳細
優等生

U-ku

優等生

サイズ
333×333mm
制作年
2021
素材
水彩絵具, 顔料, 銀箔, 雲母
作品説明
無造作に広げた水彩絵具の模様から美しいと感じる部分のみを切り出し、残りの部分は全て塗り潰された作品。人前で肩肘張る時間が多いほど、ひと息つきたくなる時も多くなる。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

鼻歌

U-ku

詳細
鼻歌

U-ku

鼻歌

サイズ
220×273mm
制作年
2021
素材
水彩絵具, 顔料, 金箔
作品説明
無造作に広げた水彩絵具の模様から美しいと感じる部分のみを切り出し、残りの部分は全て塗り潰された作品。機嫌がいいとみんないい人に見えたりする。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

朝日

U-ku

詳細
朝日

U-ku

朝日

サイズ
333×333mm
制作年
2021
素材
水彩絵具, 顔料, 金箔, 雲母
作品説明
無造作に広げた水彩絵具の模様から美しいと感じる部分のみを切り出し、残りの部分は全て塗り潰された作品。眠気を我慢して見た景色は、深く心に刻み込まれる。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

散歩

U-ku

詳細
散歩

U-ku

散歩

サイズ
220×273mm
制作年
2021
素材
水彩絵具, 顔料, 金箔
作品説明
無造作に広げた水彩絵具の模様から美しいと感じる部分のみを切り出し、残りの部分は全て塗り潰された作品。上から見る景色はとても澄んでいて、普段自分が生きている世界とは別世界に見えたりする。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

CAN’T STOP GOING OUT

五十嵐岳

詳細
CAN’T STOP GOING OUT

五十嵐岳

CAN’T STOP GOING OUT

サイズ
727 x 910
制作年
2021
素材
Acrylics on cavas
作品説明
自分の好きな言葉を背景に散りばめることでストリートを表現しエルフというpopさを融合させた作品です。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

IN THE GROOVE

五十嵐岳

詳細
IN THE GROOVE

五十嵐岳

IN THE GROOVE

サイズ
910 x 727
制作年
2021
素材
Acrylics on cavas
作品説明
思い出を共有したい世界中の仲間を表現した作品です。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

LOVE IS NO LIMIT

五十嵐岳

詳細
LOVE IS NO LIMIT

五十嵐岳

LOVE IS NO LIMIT

サイズ
727 x 606
制作年
2021
素材
Acrylics on cavas
作品説明
LOVEという言葉の中にある情熱には限度がないという作品です。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

BUBBLE JAM BROTHERS

五十嵐岳

詳細
BUBBLE JAM BROTHERS

五十嵐岳

BUBBLE JAM BROTHERS

サイズ
606 x 727
制作年
2021
素材
Acrylics on cavas
作品説明
大切な人たちとの関係にそれぞれの色をつけていってほしいという想いで描きました。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

FIND YOUR OWN

五十嵐岳

詳細
FIND YOUR OWN

五十嵐岳

FIND YOUR OWN

サイズ
Φ400
制作年
2021
素材
Acrylics on cavas
作品説明
私からのメッセージを見つけて。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

MY NAME IS

五十嵐岳

詳細
MY NAME IS

五十嵐岳

MY NAME IS

サイズ
Φ400
制作年
2021
素材
Acrylics on cavas
作品説明
私自身を表現した作品です。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

DIFFERENT TIME=SAME SMILE

五十嵐岳

詳細
DIFFERENT TIME=SAME SMILE

五十嵐岳

DIFFERENT TIME=SAME SMILE

サイズ
Φ520
制作年
2021
素材
Acrylics on cavas
作品説明
世界中のどこにいても同じ物を見て笑いあえたらいいなという作品です。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

SYMPATHY

五十嵐岳

詳細
SYMPATHY

五十嵐岳

SYMPATHY

サイズ
200 x 200 x 40
制作年
2021
素材
Acrylics on cavas
作品説明
同じ想いを共有したという気持ちを込めた作品です。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

HERE WE ARE

五十嵐岳

詳細
HERE WE ARE

五十嵐岳

HERE WE ARE

サイズ
200 x 200 x 40
制作年
2021
素材
Acrylics on cavas
作品説明
時が来ればまたみんなで会えるよね!という今だからこその想いを込めた作品です。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

DANCERS

五十嵐岳

詳細
DANCERS

五十嵐岳

DANCERS

サイズ
200 x 200 x 40
制作年
2021
素材
Acrylics on cavas
作品説明
生きる楽しさ、躍動感を表現した作品です。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Boundary

オオタキヨオ

詳細
Boundary

オオタキヨオ

Boundary

サイズ
380×500×350mm
制作年
2021
素材
ステンレススチール、ポリアミド
作品説明
境界線を越えていくキューブ。突破する力を得られたら。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Boundary 2

オオタキヨオ

詳細
Boundary 2

オオタキヨオ

Boundary 2

サイズ
200×580×400mm
制作年
2021
素材
ステンレススチール、ポリアミド
作品説明
境界線を越えていくキューブ。突破する力を得られたら。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

perspective 21

オオタキヨオ

詳細
perspective 21

オオタキヨオ

perspective 21

サイズ
200×200×20mm
制作年
2021
素材
石墨、ステンレススチール、樹脂
作品説明
閉塞感に満ちた日常に、少しでも前向きになれるようにとの願いを込めた作品。
立体感を逆手にとり、遠近法と錯視の原理でものすごく薄い。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

perspective scale 1

オオタキヨオ

詳細
perspective scale 1

オオタキヨオ

perspective scale 1

サイズ
100×100×20mm
制作年
2021
素材
石墨、ステンレススチール、樹脂
作品説明
閉塞感に満ちた日常に、少しでも前向きになれるようにとの願いを込めた作品。
立体感を逆手にとり、遠近法と錯視の原理でものすごく薄い。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

perspective scale 2

オオタキヨオ

詳細
perspective scale 2

オオタキヨオ

perspective scale 2

サイズ
100×100×20mm
制作年
2021
素材
石墨、ステンレススチール、樹脂
作品説明
閉塞感に満ちた日常に、少しでも前向きになれるようにとの願いを込めた作品。
立体感を逆手にとり、遠近法と錯視の原理でものすごく薄い。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

perspective scale 3

オオタキヨオ

詳細
perspective scale 3

オオタキヨオ

perspective scale 3

サイズ
100×100×20mm
制作年
2021
素材
石墨、アクリル、樹脂
作品説明
閉塞感に満ちた日常に、少しでも前向きになれるようにとの願いを込めた作品。
立体感を逆手にとり、遠近法と錯視の原理でものすごく薄い。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

perspective scale 4

オオタキヨオ

詳細
perspective scale 4

オオタキヨオ

perspective scale 4

サイズ
100×100×20mm
制作年
2021
素材
石墨、アクリル、樹脂
作品説明
閉塞感に満ちた日常に、少しでも前向きになれるようにとの願いを込めた作品。
立体感を逆手にとり、遠近法と錯視の原理でものすごく薄い。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Boundary Monolith 360 RED

オオタキヨオ

詳細
Boundary Monolith 360 RED

オオタキヨオ

Boundary Monolith 360 RED

サイズ
360×360×80mm
制作年
2021
素材
顔料、ポリアミド
作品説明
境界線を越えていくモノリス。突破する力を得られたら。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Boundary Monolith 360 STAINLESS STEEL

オオタキヨオ

詳細
Boundary Monolith 360 STAINLESS STEEL

オオタキヨオ

Boundary Monolith 360 STAINLESS STEEL

サイズ
360×360×80mm
制作年
2021
素材
ステンレススチール、ポリアミド
作品説明
境界線を越えていくモノリス。突破する力を得られたら。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Boundary Monolith 200 RED

オオタキヨオ

詳細
Boundary Monolith 200 RED

オオタキヨオ

Boundary Monolith 200 RED

サイズ
200×200×40mm
制作年
2021
素材
顔料、ポリアミド
作品説明
境界線を越えていくモノリス。突破する力を得られたら。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Boundary Monolith 200 BLACK

オオタキヨオ

詳細
Boundary Monolith 200 BLACK

オオタキヨオ

Boundary Monolith 200 BLACK

サイズ
200×200×40mm
制作年
2021
素材
石墨、ポリアミド
作品説明
境界線を越えていくモノリス。突破する力を得られたら。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Boundary Monolith 200 WHITE

オオタキヨオ

詳細
Boundary Monolith 200 WHITE

オオタキヨオ

Boundary Monolith 200 WHITE

サイズ
200×200×40mm
制作年
2021
素材
顔料、ポリアミド
作品説明
境界線を越えていくモノリス。突破する力を得られたら。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Boundary Monolith 200 YELLOW

オオタキヨオ

詳細
Boundary Monolith 200 YELLOW

オオタキヨオ

Boundary Monolith 200 YELLOW

サイズ
200×200×40mm
制作年
2021
素材
ステンレススチール、ポリアミド
作品説明
境界線を越えていくモノリス。突破する力を得られたら。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Boundary Monolith 120 ALUMINUM

オオタキヨオ

詳細
Boundary Monolith 120 ALUMINUM

オオタキヨオ

Boundary Monolith 120 ALUMINUM

サイズ
120×120×20mm
制作年
2021
素材
アルミニウム、ポリアミド
作品説明
境界線を越えていくモノリス。突破する力を得られたら。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Boundary Monolith 120 GREEN

オオタキヨオ

詳細
Boundary Monolith 120 GREEN

オオタキヨオ

Boundary Monolith 120 GREEN

サイズ
120×120×20mm
制作年
2021
素材
顔料、ポリアミド
作品説明
境界線を越えていくモノリス。突破する力を得られたら。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

No.008

Ochiro

詳細
No.008

Ochiro

No.008

サイズ
234mm × 450mm
制作年
2020
素材
木製パネル,アクリル
作品説明
モンゴルから来て、初めてみた海は、世界の果てに思えた。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

No.021

Ochiro

詳細
No.021

Ochiro

No.021

サイズ
258mm × 99mm
制作年
2021
素材
キャンバス,アクリル
作品説明
モンゴルから来て、初めてみた海は、世界の果てに思えた。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

No.022

Ochiro

詳細
No.022

Ochiro

No.022

サイズ
258mm × 99mm
制作年
2021
素材
キャンバス,アクリル
作品説明
モンゴルから来て、初めてみた海は、世界の果てに思えた。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

No.0017

Ochiro

詳細
No.0017

Ochiro

No.0017

サイズ
275mm × 910mm
制作年
2021
素材
木製パネル,アクリル
作品説明
モンゴルから来て、初めてみた海は、世界の果てに思えた。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

No.016

Ochiro

詳細
No.016

Ochiro

No.016

サイズ
150mm円形
制作年
2021
素材
キャンバス,アクリル
作品説明
モンゴルから来て、初めてみた海は、世界の果てに思えた。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

No.023

Ochiro

詳細
No.023

Ochiro

No.023

サイズ
150mm円形
制作年
2021
素材
キャンバス,アクリル
作品説明
モンゴルから来て、初めてみた海は、世界の果てに思えた。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

No.015

Ochiro

詳細
No.015

Ochiro

No.015

サイズ
150mm円形
制作年
2020
素材
キャンバス,アクリル
作品説明
モンゴルから来て、初めてみた海は、世界の果てに思えた。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

No.030 ~Daruma~

Ochiro

詳細
No.030 ~Daruma~

Ochiro

No.030 ~Daruma~

サイズ
130mm × 100mm
制作年
2021
素材
ダルマ、アクリル
作品説明
モンゴルから来て、初めてみた海は、世界の果てに思えた。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Days_04_Model_B

サイトウユウヤ

詳細
Days_04_Model_B

サイトウユウヤ

Days_04_Model_B

サイズ
550mm×400mm×130mm
制作年
2021
素材
曲木技法、プリント技法、カラースプレー、UVコーティング
作品説明
本作のDaysシリーズは、人、モノ、出来事が同時発生する都市空間を、『同時性』というコンセプトで捉えなおし、人間社会の混沌と豊かさについて迫った作品です。特に、古来から天災と共存しながらも、なぜ人は集い、モノを建て、出来事を生み出し続けるのかという問いを『都市』という視点からとらえ直すことで、人間の文化創造に対する欲求を新たな形で表現することを試みています。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Days_05_Model_B

サイトウユウヤ

詳細
Days_05_Model_B

サイトウユウヤ

Days_05_Model_B

サイズ
550mm×400mm×130mm
制作年
2021
素材
曲木技法、プリント技法、カラースプレー、UVコーティング
作品説明
本作のDaysシリーズは、人、モノ、出来事が同時発生する都市空間を、『同時性』というコンセプトで捉えなおし、人間社会の混沌と豊かさについて迫った作品です。特に、古来から天災と共存しながらも、なぜ人は集い、モノを建て、出来事を生み出し続けるのかという問いを『都市』という視点からとらえ直すことで、人間の文化創造に対する欲求を新たな形で表現することを試みています。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Mini-Ramp_Hide & Seek(BL)_Model_A_01

サイトウ ユウヤ

詳細
Mini-Ramp_Hide & Seek(BL)_Model_A_01

サイトウ ユウヤ

Mini-Ramp_Hide & Seek(BL)_Model_A_01

サイズ
H300 × W220 × D150mm
制作年
2021
素材
上部 : 曲木技法、プリント技法、
カラースプレー、UVコーティング
下部 : 木にモルタル、
バーニッシュコーティング
作品説明
本作Mini-Rampシリーズは、現代社会の隅々に設置され、誰もが所持する記録装置としてのカメラをテーマに扱っており、Hide & Seekのタイトルの通り、「探す(カメラ)と隠れる(迷彩)」という相反する概念を一つの画面内で対比させ、カメラを倫理と秩序の狭間を漂う人間のアイコンとして表現しています。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Mini-Ramp_Hide & Seek(PK)_Model_A_01

サイトウ ユウヤ

詳細
Mini-Ramp_Hide & Seek(PK)_Model_A_01

サイトウ ユウヤ

Mini-Ramp_Hide & Seek(PK)_Model_A_01

サイズ
H300 × W220 × D150mm
制作年
2021
素材
上部 : 曲木技法、プリント技法、
カラースプレー、UVコーティング
下部 : 木にモルタル、
バーニッシュコーティング
作品説明
本作Mini-Rampシリーズは、現代社会の隅々に設置され、誰もが所持する記録装置としてのカメラをテーマに扱っており、Hide & Seekのタイトルの通り、「探す(カメラ)と隠れる(迷彩)」という相反する概念を一つの画面内で対比させ、カメラを倫理と秩序の狭間を漂う人間のアイコンとして表現しています。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Mini-Ramp_Hide & Seek(GN)_Model_A_01

サイトウ ユウヤ

詳細
Mini-Ramp_Hide & Seek(GN)_Model_A_01

サイトウ ユウヤ

Mini-Ramp_Hide & Seek(GN)_Model_A_01

サイズ
H300 × W220 × D150mm
制作年
2021
素材
上部 : 曲木技法、プリント技法、
カラースプレー、UVコーティング
下部 : 木にモルタル、
バーニッシュコーティング
作品説明
本作Mini-Rampシリーズは、現代社会の隅々に設置され、誰もが所持する記録装置としてのカメラをテーマに扱っており、Hide & Seekのタイトルの通り、「探す(カメラ)と隠れる(迷彩)」という相反する概念を一つの画面内で対比させ、カメラを倫理と秩序の狭間を漂う人間のアイコンとして表現しています。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Stroke Gt.

ナカミツキ

詳細
Stroke Gt.

ナカミツキ

Stroke Gt.

サイズ
約450×350mm
制作年
2021
素材
シルクスクリーン
作品説明
メロディーラインと画面の勢いあるストロークをリンクさせて描いています。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Stroke sax.

ナカミツキ

詳細
Stroke sax.

ナカミツキ

Stroke sax.

サイズ
約450×350mm
制作年
2021
素材
シルクスクリーン
作品説明
メロディーラインと画面の勢いあるストロークをリンクさせて描いています。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Stroke Vc.

ナカミツキ

詳細
Stroke Vc.

ナカミツキ

Stroke Vc.

サイズ
約450×350mm
制作年
2021
素材
シルクスクリーン
作品説明
メロディーラインと画面の勢いあるストロークをリンクさせて描いています。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Bongo

ナカミツキ

詳細
Bongo

ナカミツキ

Bongo

サイズ
653×653×50mm
制作年
2021
素材
Ink on canvas
作品説明
ボンゴをモチーフにラテンの音楽で画面構成しています。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

DistanceⅢ

日比谷 泰一郎

詳細
DistanceⅢ

日比谷 泰一郎

DistanceⅢ

サイズ
H530×W455mm
制作年
2021
素材
アクリル絵具、岩絵具、キャンバス
作品説明
オンライン中心の生活となり、人々の距離が物理的にも離れ、どこか心理的にも孤独を感じる日々。そのような中でも、ここからまた生き抜いていく、そんな思いで「今」の情景を抽出した。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Crowds 12 #NN

日比谷 泰一郎

詳細
Crowds 12 #NN

日比谷 泰一郎

Crowds 12 #NN

サイズ
H242×W410mm
制作年
2021
素材
アクリル絵具、岩絵具、パール粉、キャンバス
作品説明
コロナ禍の新しい日常を行き交う人々をドローイングし、それをもとに描いた作品。日常が変化しても相対し、ここから生き抜いていく、そんな思いで「今」の情景を抽出した。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Crowds 13 #NN

日比谷 泰一郎

詳細
Crowds 13 #NN

日比谷 泰一郎

Crowds 13 #NN

サイズ
H242×W410mm
制作年
2021
素材
アクリル絵具、岩絵具、キャンバス
作品説明
コロナ禍の新しい日常を行き交う人々をドローイングし、それをもとに描いた作品。日常が変化しても相対し、ここから生き抜いていく、そんな思いで「今」の情景を抽出した。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Crowds 14 #NN

日比谷 泰一郎

詳細
Crowds 14 #NN

日比谷 泰一郎

Crowds 14 #NN

サイズ
H242×W333mm
制作年
2021
素材
アクリル絵具、岩絵具、金泥、キャンバス
作品説明
コロナ禍の新しい日常を行き交う人々をドローイングし、それをもとに描いた作品。日常が変化しても相対し、ここから生き抜いていく、そんな思いで「今」の情景を抽出した。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Crowds 15 #NN

日比谷 泰一郎

詳細
Crowds 15 #NN

日比谷 泰一郎

Crowds 15 #NN

サイズ
H455×W380mm
制作年
2021
素材
アクリル絵具、岩絵具、キャンバス
作品説明
コロナ禍の新しい日常を行き交う人々をドローイングし、それをもとに描いた作品。日常が変化しても相対し、ここから生き抜いていく、そんな思いで「今」の情景を抽出した。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

DistanceⅣ

日比谷 泰一郎

詳細
DistanceⅣ

日比谷 泰一郎

DistanceⅣ

サイズ
H242×W333mm
制作年
2021
素材
アクリル絵具、岩絵具、銀泥、ジェルメディウム
作品説明
オンライン中心の生活となり、人々の距離が物理的にも離れ、どこか心理的にも孤独を感じる日々。そのような中でも、ここからまた生き抜いていく、そんな思いで「今」の情景を抽出した。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Crowds 19 #NN

日比谷 泰一郎

詳細
Crowds 19 #NN

日比谷 泰一郎

Crowds 19 #NN

サイズ
H158×W227mm
制作年
2021
素材
アクリル絵具、岩絵具、ジェルメディウム
作品説明
コロナ禍の新しい日常を行き交う人々をドローイングし、それをもとに描いた作品。日常が変化しても相対し、ここから生き抜いていく、そんな思いで「今」の情景を抽出した。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐

Crowds 20 #NN

日比谷 泰一郎

詳細
Crowds 20 #NN

日比谷 泰一郎

Crowds 20 #NN

サイズ
H242×W333mm
制作年
2021
素材
アクリル絵具、岩絵具、ジェルメディウム、金泥
作品説明
コロナ禍の新しい日常を行き交う人々をドローイングし、それをもとに描いた作品。日常が変化しても相対し、ここから生き抜いていく、そんな思いで「今」の情景を抽出した。
展示会名
WHAT CAFE EXHIBITION ‐GIFT‐