サトウナツキ | 天王洲のアートスポット WHAT CAFE
【プロフィール】

1992年三重県出身。
京都精華大学芸術学部版画コース卒業。

【ステートメント】

過去の記憶に残る事柄や、日々の出来事によって生じた感情や気持ちの変化、また、社会や環境の変化に伴う自身の存在や居場所の揺らぎ。そういった、日常の中で変化していく不安定な感情や存在を描いています。
マイナスなものやネガティブなものも、それでもきっと大丈夫になると、絵画にすることで少しでも救いや希望になればと思いながら制作しています。

【略歴】

<個展>
2023 「それでもきっと大丈夫になる」アトリエ三月(大阪)
2021 「呼吸を集める」awaiya books(大阪)
2020 「ずっと常温のままで」アトリエ三月(大阪)
2019 「フラッシュしたの、わたしたち。」TeToTe (兵庫)
2018 「映る生活は水分となり、」アトリエ三月(大阪)
2017 「それは掬いの話、あるいは。」elicafe by Cafe-inn (大阪)
2016 「この風が吹いてばかりだ」kara-S (京都)
2016 「そんなこともあったね。」Three Star Kyoto (京都)
2015 「白昼夢に潜った日記」Antenna Media (京都)

<アートフェア>
2023 「 Study:大阪関西国際芸術祭 2023 」グランフロント大阪 (大阪)
2022 「 3331 ART FAIR 2022」3331 Arts Chiyoda(東京)

<主なグループ展>
2023
二人展「アーカイブされる断片」MASATAKA CONTEMPORARY (東京)
「AaP2023  Towards The Future」ロイドワークスギャラリー(東京)

2022
「ギフト」新宿眼科画廊(東京)
「ART!ART!OSAKA」 (大丸ミュージアム 大丸梅田店(大阪)
「WHEREABOUTS TOKYO 2022」ターナーギャラリー(東京)

<メディア>
BSフジ「ブレイク前夜〜次世代の芸術家たち〜」 出演(2023年3月28日放送)

【Profile】

COMING SOON...

【Statement】
【Biography】
【个人资料】

COMING SOON...

【自我介绍】
【简历】
【簡介】

COMING SOON...

【自我陳述】
【簡歷】