久保田沙耶 | 天王洲のアートスポット WHAT CAFE
【プロフィール】

1987年茨城生まれ。
東京、鳥取、宮城、兵庫などを拠点に活動。
筑波大学芸術専門学群卒業。
東京藝術大学大学院美術研究科修了後、同博士号取得。
日々の何気ない光景や人との出会いによって生まれる記憶と言葉、それらを組み合わせることで生まれる新しいイメージやかたちを中心に、平面や立体作品、さらには独自の装置を用いたインスタレーションなど、様々なメディアを駆使しながら制作を続ける。
主な個展「material witness」(大和日英基金)、主なプロジェクト「漂流郵便局」(瀬戸内国際芸術祭2013~)など。

【略歴】

1987年 茨城出身
筑波大学芸術専門学群構成専攻総合造形、東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修士課程修了、同博士号取得。

主なグループ展
2013  Art Basel Hong Kong 2013 / AISHO MIURA ARTS(香港)
2013  瀬戸内国際芸術祭2013/ (粟島)
2016    LUMINE MEETS ART/新宿LUMINE(東京)
2018 TURN フェス4 日常非日常/東京都美術館(東京)
2018 The Size of Thoughts /White Conduit Projects(UK)
2019 「TURN –ときをかさねる」/みずのき美術館(京都)

主な個展
2015  “鹿を歯医者に連れて行く” / Island MEDIUM(東京)
2016  “Material Witness” / 日英大和基金(UK)
2016  “Missing Post Office UK” / IKON Gallery(UK)
2017    “私の目には涙がこぼれる”/LUMINE MEETS ARTショーウィンドウ内(東京)
2018    “Time Burns”/AISHO NANZUKA(香港)
2018 ”根の国A/B”/資生堂、SHISEIDO THE TABLES(東京)
2021 ”WOKR IN PROGRESS FOREVER”「とめどないかたち」/板室温泉大黒屋サロン(栃木)

現行プロジェクト
2013- 「漂流郵便局」/(香川)
2016- 「Missing Post Office UK」/日英大和基金(ロンドン)
2018- 「コレデ堂」/倉吉明倫地区(鳥取)

パブリック・コレクション
Friedrich Flick Collection

著書
2014    「漂流郵便局」久保田沙耶著(小学館)
2016    「かのひと」作:菅原敏 絵:久保田沙耶(東京新聞出版社)
2020 「漂流郵便局 お母さんへ」久保田沙耶著(小学館)

【Profile】

Born in Ibaraki, Japan in 1987.

Studied oil painting from the Graduate School of Fine Arts, Tokyo University of the Arts.

The important elements of his works are memories and words that arise from casual daily scenes and encounters with people, and new images and forms created by combining these memories and words. She continues to work in several different media, sometimes combining them. She has participated in numerous exhibitions, including the solo show “Material Witness” at the Daiwa Anglo-Japanese Foundation and the art project “Drifting Post Office” at the Setouchi International Art Festival.

【Biography】
【个人资料】

COMING SOON...

【简历】
【簡介】

COMING SOON...

【簡歷】