勝又公仁彦 | 天王洲のアートスポット WHAT CAFE
【プロフィール】

静岡県出身。
早稲田大学法学部卒業、インターメディウム研究所修了。
多様な被写体のもとで「時間」「光」「空間」「認知」「歴史」などをサブテーマに、諸分野の構造に触れるコンセプチュアルな作品展開を続ける。

【略歴】

<主な展覧会>
「写真の現在2 —サイト— 場所と光景」(東京国立近代美術館、2002年)
「Natura Morta 」(Leica gallery Solms、2006年)
「Dwelling」(世田谷美術館主催、2008年)
「kunihiko katsumata」(森アートセンター六本木ヒルズクラブ、2011年)
「都市の無意識」(東京国立近代美術館、2013年)
「あいちトリエンナーレ」(康生会場、2016年)
「写真都市展ーウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち」(21_21 DESIGN SIGHT、2018年)

など。

<主な受賞>
「さがみはら写真新人奨励賞」(2001年)
「日本写真協会新人賞」(2005年)

東京国立近代美術館、世田谷美術館、沖縄県立博物館・美術館など国内外の主要なコレクションに作品が収蔵されている。

【Profile】

COMING SOON...

【Biography】
【个人资料】

COMING SOON...

【简历】
【簡介】

COMING SOON...

【簡歷】