杉谷一考 | 天王洲のアートスポット WHAT CAFE
【プロフィール】

主にセラミックを素材として、子供の遊具やおもちゃをモチーフに作品を制作している。粘土で形を作る際は、手仕事によるテクスチャーを残し、柔らかい色合いの釉薬で彩色することによって、温かみのあるポップな雰囲気を表現している。また、鑑賞者との関係性を通して作品を作り上げることにより、作られたものよりその作るという行為自体が重要な意味を持たせている。

【Profile】

Using ceramic as hiss main material, he creates works with motifs of children’s playground equipment and toys.
When creating the clay forms, he retains the hand-worked textures and colors them with soft glazes to create a warm, pop-like atmosphere.
By creating his works through a relationship with the viewer, the act of creation itself is more important than the object itself.

【个人资料】

COMING SOON...

【簡介】

COMING SOON...