知念 岳 | 天王洲のアートスポット WHAT CAFE
【プロフィール】

1998年沖縄県出身。
2020年にアーティストを目指し上京。


情報社会の中で生まれ育ち、便利であることへの疑問から、人間の本質的な生き方を模索する。

棟方志功や岡本太郎に影響を受け、自身のルーツ、アイデンティティを探るため、人や植物、琉球民謡など、沖縄に関する作品を制作。

今回の花を主題とした作品は、パーツに分かれた植物が一つのモチーフとして形成される様子を通して、人と人のつながりを表現している。

【略歴】

2022年10月 個展HAZI
2023年8月 Independent Tokyo2023出展

【Profile】

Born in Okinawa Prefecture in 1998
Moved to Tokyo in 2020 to pursue the career of arts.

Born and raised in an information driven society, he searches for the essential way of life as a human being, questioning the idea of convenience.

His work is inspired by Shiko Munakata and Taro Okamoto. In order to explore his own roots and identity, he creates works related to Okinawa, including people, plants, and Ryukyu traditional folk songs.

In this flower themed series, every motif is consisted of the form of parts divided into pieces. Expressing the connection between people.

【Biography】
【个人资料】

COMING SOON...

【简历】
【簡介】

COMING SOON...

【簡歷】