藤安淳 | 天王洲のアートスポット WHAT CAFE
【プロフィール】

1981年、東京都生まれ。
2005年、同志社大学経済学部卒業 。
2007年、写真表現大学修了。
現在、京都市在住。

 

「他者との関係性」をテーマに、自身が双子である事実と向き合いながらアイデンティティを掘り下げ、「見る」とは、あるいは「在る」とはどういうことかについて考察した作品を、写真を主として発表を続けている。

 

Born in 1981 in Tokyo. Graduated from the Department of Economics at Doshisha University in 2005. Completed a course at Shashin Hyogen Daigaku (School of Photographic Expression) in 2007. Currently live in Kyoto.

 

Under the theme of “relationships with others,” he consistently presents his works, predominantly using photography to delve into his identity while confronting the fact that he is a twin and contemplating what it means to “see” and to “be.”

【略歴】

<近年の主な展覧会>
個展「かさなるひかり」光兎舎(京都 2023)
「人間より大きな世界へ」榕异(ロンイー)美術館(上海 2021)
「至近距離の宇宙 日本の新進作家 vol.16 」東京都写真美術館(東京 2019)
「double trouble/double grins/is it so with/twins」Lothringer13 Halle(ミュンヘン 2019)
個展「Sense of Wonder」元淳風小学校(京都 2019)
個展「empathize」The Third Gallery Aya(大阪 2017)

などがある。

【Profile】

COMING SOON...

【Biography】
【个人资料】

COMING SOON...

【简历】
【簡介】

COMING SOON...

【簡歷】