プロフィール

1993年神奈川県生まれ。大学で現代美術史やその周辺の思想哲学を学んだのち、インドやペルー、メキシコなどに渡り現地の伝統的な染織技法に触れ、あらゆるもののデジタル化を経験しつつある社会への応答として身体的労力を要する手作業を中心とした制作スタイルを確立。
布や糸を出発点に、60年代前後に出現したミニマリズム、ポストミニマリズムの作家たちの仕事を参照しながら「テキスト」と「テキスタイル」の可能性の模索を続けている。


【ステートメント】
私はこれまで、人がある土地に居住し一定の時間を過ごすなかで培った精神性や、それをを語るための言語としての視覚表現がいかに求められ、かつ獲得されるのかという過程に関心を寄せて創作活動をしてきた。特に近年は時間をかけて目の前の物質と触れ合うことでしか成しえない表現があり、そしてそれはあらゆるものの簡略化、迅速化、デジタル化を経験している現代において未だ有効である、という信念のもと作品を制作している。衣服や日用品、絵画のキャンバスなどに形を変え私たちの身の周りに存在している布を出発点に、 60年代前後にミニマリズム、ポストミニマリズムの作家と呼ばれたアーティストたちの仕事を参照しながら、テキスタイルという媒体に対する認識を糸や繊維、労働の単位にまで拡大・分解し、それらの物質や行為が持つ特性や力が最大限引き出される契機としての空間の再構築を試みている。


【略歴】
◆学歴
2015 ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ ファインアートコース修了

◆展示会歴
2022 個展 Thread Poetics GALLERY HAYASHI + ART BRIDGE 東京
2021 グループ展 AFTER THE 3331 GALLERY HAYASHI + ART BRIDGE 東京
2021 3331 ART FAIR (GALLERY HAYASHI + ART BRIDGEブース) 3331 Arts Chiyoda 東京
2021 個展 Possibilities in a FIlthy Flow WHYNOT.TOKYO 東京
2020 二人展 The Inevitable WHYNOT.TOKYO 東京
2020 二人展 今ここ、小さな自由 WHYNOT.TOKYO 東京
2020 個展 I’d Rather Be Your Travel WHYNOT.TOKYO 東京
2019 グループ展 巣くう芸術家たち Art Base Garden OBAEN – 大庭園 神奈川
2019 個展 いちばん幸福な休暇の支度 トキワビル 303-a 神奈川
2017 グループ展 ART TAICHUNG 2017 Millennium Hotels and Resorts 台中 台湾
2017 個展 内爆する風景  岩崎ミュージアムアートギャラリー 神奈川

◆受賞歴
2021 ACY U39アーティスト・フェローシップ助成 フェロー選出 横浜 神奈川

Biography

COMING SOON...