齋藤雄介 | 天王洲のアートスポット WHAT CAFE
【プロフィール】

1981年、神奈川県生まれ。
2006年武蔵野美術大学彫刻学科卒業。
生活の中から出た不要品、ファウンドオブジェクトを主な素材として扱い、セメントや木材、樹脂などと組み合わせた立体やインスタレーション、又紙袋やレシートなど様々な素材を用いたペイントコラージュ、料理の形式をとったハプニングなどを行う。
近年では陶作品も加え、多岐にわたる表現方法で作品を制作する。
日常生活の中における人々の習慣やそれらの痕跡、又は社会のシステムに注視し、すでに存在している既存の形式に自身の体験や思考重ねる事により、現代に生きることの実感を表現している。

【略歴】

<主な展覧会>
2011 堂島リバービエンナーレ2011「エコソフィア」 / 堂島リバーフォーラム(大阪)
2017 個展 / Golden Thread Gallery (ベルファスト/北アイルランド)
2021 Natsuyasumi : In the Beginning Was Love / Nonaka-Hill (ロサンゼルス/アメリカ)
2022 déjà-vu / See Saw gallery + hibit(愛知)
2023 pppiiizzzzzzaaa/PAGE(NYC)(ニューヨーク/アメリカ)
他多数

【Profile】

COMING SOON...

【Biography】
【个人资料】

COMING SOON...

【简历】
【簡介】

COMING SOON...

【簡歷】