プロフィール

1990年湘南出身。目鼻を除き、唇のみを描き込む独特のスタイル、異国情緒溢れる色彩やタッチが印象的なアーティスト。誰しもが抱く感情や、人間性を包み隠さず表現した作品は、多くのファンから共感を集める。 作中に様々な国籍の人々が登場するのは、平和と平等を願う気持ちから。また、バラエティに富んだ愛のかたちを描くことで、多種多様な性のあり方を社会に発信している。
各地での個展開催のほか、自身のギャラリーショップを茅ヶ崎に構える。新宿伊勢丹をはじめとする大型百貨店でのPOP UP開催、GUやMURUAといった国内外アパレルブランドとのコラボレーションなど、勢力的に活動中。


【ステートメント】
日々を生きるうえで誰しもが抱く感情や、飾ることのない人間らしさを、美化することなくキャッチーに表現。
国籍や人種・性別などを問わず、見た人が自分を重ね合わせられる作品であってほしい。多種多様な愛のかたちがあって当たり前といったメッセージを込めて、作中には様々なパーソナリティを持つ人物を登場させている。ダイバーシティやSDGsといった言葉が広まりつつある昨今でも、残念ながら未だに無意識の偏見や差別意識を感じる機会は多い。そんな経験から、言葉ではなくアートによって世の中の固定概念を少しでも覆せたらと考え、制作活動に至る。

アウトラインを省き、目鼻を描き入れない作風は、見た人に余白を想像してもらうことで、作品の完成としたいという想いから。自由な発想で絵画を楽しんでもらいたい気持ちと、ものごとの解釈はひとつではないというメッセージを含んでいる。

これまでの活動はペン画がメインだったが、今後は新たなメディウムへの挑戦や大判作品にも取り組み、これまで以上に力強い発信をしていく。


【略歴】
◆学歴
2012 杉野服飾大学 服飾学科 服飾学部 アートファブリックコース 修了

◆展示会歴
2022 個展 Killing Time FINN (学芸大学、東京)
2021 GREENROOM FESTIVAL 横浜赤レンガ倉庫 (横浜、神奈川)
2020 個展 AT THE END OF THE DAY gallery zakura (渋谷、東京)
2020 ART IN ISOLATION TRUNK(HOTEL) (渋谷、東京)
2019 個展 Love-Hate Relationship Kit gallery (原宿、東京)
2019 Arcus Pride Art Exhibiton Clifford Chance International Law firm(千代田、東京)
2018 個展 Nari gallery Dorsa Brevia (Portland, OR)
2017 個展 Lovely Days gallery manhood (青山、東京)
2016 個展 Weekend Shibuya Public Book Store (渋谷、東京)
2016 個展 Couch Potato レインボー倉庫 (下北沢、東京)
2015 個展 Beach Bums buscape (鵠沼海岸、神奈川)

Biography

COMING SOON...