プロフィール

ティモスィー·ベッジャマンの新作はヒマラヤの青いケシをテーマとする。同じケシの集結をモチーフに、様々な色の組み合わせ、スケール、メディウムで繰り返し、花と周囲の葉の自然な輪郭が光、素材、チャンスを探求することを可能とする導管になります。

レプリケーション、つまり同じモチーフを繰り返す行為はその固有の不完全性を通して物を下落させる可能性はありますが、正確に保存することは不可能です。これらの作品では下図が最終的な作品のDNAとなり、紙、顔料、水、粘着料などが変動する環境を構成し、そこで一つの生命となるのです。「レプリケーションはマテリアルとアイデアの偶然な出会いを絶えず活気づけ、予期しない結果を生み出すので私は元の花の勢力が新しい環境のどこかで現れるまで取り組み続けます。」とベッジャマンは語ります。

Biography

COMING SOON...


●「Meconopsis (blue)」/ 2021 / 1070mm × 910mm / pigment, watercolour, on washi

●「Meconopsis (gold)」/ 2021 / 1070mm × 910mm / pigment, gold leaf, watercolour, on washi

●「Meconopsis (red)」/ 2021 / 1070mm × 910mm / pigment, watercolour, on washi

●「Meconopsis (yellow)」/ 2021 / 1070mm × 910mm / pigment, watercolour, on washi

●「Night Bloom」/ 2021 / 420mm × 300mm / pigment, watercolour, on handmade kozo paper

●「A Climbing Plant [edition 1~9 of 18]*Including Frame」/ 2021 / 600mm × 370mm / woodblock print on handmade kozo paper