アーティストトーク

2022.11.26 - 2022.11.26

イベント概要

WHAT CAFEでは11/26(土)に、「WHAT CAFE EXHIBITION vol.22」出展作家、奥天昌樹さん、宮岡貴泉さん、カワニシユウキさん、タカハシマホさんによるアーティストトークを開催いたします! お越しの際には是非、ご参加ください。

 

◆日程:11月26日(土)15:00~

♢観覧無料

♢予約不要

 

-奥天昌樹- @masakiokuten

奥天は絵画を通して広く普遍的な感覚で人々が触れることのできる絵画表現に取り組んでいます。 幾重に重ねたレイヤーと無邪気に画面上で飛び散る絵の具や矩形の支持体により構成される奥天の作品は、壁に飾り鑑賞するという絵画の枠組みを越え、一つの「物」としての存在感を鑑賞者に与えます。 奥天は自身の作品を「造形的なプロセスで絵の具を置いている」と語っています。 厚みのある絵の具や薄い層の中にある微細なレイヤー、マスキングテープを用いた層のやりとりは作家が制作の際に行ってきた一手一手の構成を顧みて鑑賞者が再考し積層構造を追体験できるように仕向けています。

 

-宮岡貴泉- @takamiyaoka

古と現代、東洋と西洋、実像と空想など、対極のミックスをコンセプトに伝統を踏まえて創意を盛り込んだ新たな偶像や素材を見極めた技法と様々なアプローチを試みた造形表現に取り組み、独自の手法でユニークな造形や感覚を取り入れた作品を作っています。

 

-カワニシユウキ- @yukikawanishi_art

川西は「記憶の忘却に対してどう向き合うか」という問いを制作の原点とし、写真を水で溶かすという手法を用いた表現に取り組んでいる。 写真を撮りそれを所有することで記憶を留めておけるような感覚に陥るが、実際は写真そのものに「記憶する行為」を委ねてしまっていると、川西は考える。 写真を破壊することにより、私たちのうちに刻まれた記憶に想いを馳せ、自身の過去と現在に通ずる本質を見出すことを試みている。

 

-タカハシマホ- @t.maho_art

タカハシマホの作品は、時代を象徴する少女像なのである。 彼女が慣れ親しんできた、1990年代以降のコンテンツの中での登場人物たちは、わかりやすくヒーロー、ヒロイン像として描かれ憧れの対象であったと共に、強く美しく描かれていた。 しかし彼女の描く少女像は、いわゆるオタク的日本文化の中での見慣れた姿をしておらず、シンプルで無垢な存在であり、そのヒロイン像とも異なる見た目は多様性の象徴にもなりうるのだ。

 

■会期 2022年11月23日(水・祝)~ 12月4日(日)

※会期中、展示の入れ替えや貸出イベントなどで休館することがあります。詳しい営業日は公式サイトをご覧ください

■開館時間 11:00 – 18:00 (カフェL.O. 17:30)

■入場無料

 

▶会期中、展示作品はすべてご購入いただけます。

Event Summary

出展アーティスト

Featured Artist

奥天昌樹 / 宮岡貴泉 / カワニシユウキ / タカハシマホ /

Masaki OKUTEN / Takami Miyaoka / Yuki Kawanishi / Takahashi Maho /

会期

Exhibition Term

2022.11.26 - 2022.11.26

開館時間

Exhibition Hours

会場

WHAT CAFE