Beautility: The Betweenness of Kogei | イベント | 天王洲のアートスポット WHAT CAFE

Beautility: The Betweenness of Kogei

2024.06.27 - 2024.07.07

イベント概要

【TENNOZ ART WEEK 2024 について】

天王洲に国際水準のアートコンテンツを誘致し、国内外のアート関係者が来訪する場を創出することで、日本と海外のアートシーンをつなぎ、国際文化観光の促進を目指すアートイベントです。昨年は向井山朋子氏による新作インスタレーションパフォーマンスや、TERRADA ART COMPLEX でのギャラリーナイトなどを提供し、国内外のアートコレクターを中心に約 1.4万人が訪れ、天王洲が国際色豊かなアートシティとしてにぎわいました。

 

2 回目となる今回は、2011 年に開催されたヴェネチア・ビエンナーレの日本館にて大規模なインスタレーションを発表するなど、国内外で活躍する現代アーティスト束芋氏と 3 人のインディペンデントアニメーション作家による新作インスタレーションを寺田倉庫 G3-6F で展示します。また、日本を代表するアートギャラリーが集まる TERRADA ART COMPLEX ではナイトタイム特別営業を実施。日本酒やクラフトジンなど日本産のお酒を提供するカクテルパーティーで国内外のアートコレクターを迎えます。

 

WHAT MUSEUM では日本の伝統的な建築物の木構造から現代木造建築、そして宇宙構造物に至るまで、建築の骨組みを創造してきた「構造デザイン」に焦点を当てた展覧会の特別ガイドツアーを、PIGMENT TOKYO では伝統画材の金泥を使った日本画制作のワークショップを予定しております。WHAT CAFE では B-OWND と共同で日本の現代工芸を発信する展示会を行います。

現代アートのみならず、工芸、アニメーション、建築、食など、日本における文化の多様性や、各文化が根付く地域の魅力も紹介することで、芸術文化への関心が高い訪日アートコレクター、旅行者に対してもアートシティ天王洲の魅力を発信します。

TENNOZ ART WEEK 2024公式サイト

https://taw.warehouseofart.org/

 


 

■Beautility: The Betweenness of Kogei

アートギャラリーカフェ「WHAT CAFE」では、オープン以降初めて、若手アーティストを中心とした美術工芸展を実施いたします。本展タイトルの「Beautility」は、「Beauty(美)」+「Utility(実用)」からなる造語です。工芸の伝統的な素材や技法等をベースに現代性や新しい表現をかけあわせた作品を紹介することで、世界のアート市場に向け美術工芸の可能性と価値を再発見する機会を提供します。
今回は、株式会社丹青社が提供するアートとしての工芸作品を取り扱う「B-OWND(ビーオウンド)」をコラボレーションパートナーに迎え、「間」「曖昧さ」(Betweenness of Kogei)に焦点を当てた作品を展示販売いたします。
WHAT CAFEがピックアップする美術工芸の若手アーティストの作品を含め、合計約200作品との出会いをお楽しみください。

 

【出展アーティスト】

氏家昴大/古賀祟洋/酒井智也/中村弘峰/and more…

【協 力】

株式会社丹青社

【日 時】

6 月 27 日(木)~7 月 7 日(日)11:00~18:00
※7 月 6 日(土)11:00~21:00、7 月 7 日(日)11:00~20:00 まで営業

【入場無料】

 

Event Summary

Coming Soon

活动简介

活動概要

会期

Exhibition Term

会期

會期

2024.06.27 - 2024.07.07

開館時間

Exhibition Hours

开馆时间

開館時間

会場

WHAT CAFE

WHAT CAFE(品川区東品川2-1-11)

Venue

WHAT CAFE

WHAT CAFE (2-1-11 Higashi-Shinagawa, Shinagawa-ku)