プロフィール

建築を学んだ後、社会や経済への興味が強くなり、日本や世界を良くしたいとの思いから、建築を離れて金融機関にてストラクチャード・ファイナンス業務に従事。
リーマンショックを身をもって体験し、金融業界において想像力を働かせ必死で積み上げたものは、外部要因によって一瞬で崩れ落ちるもの、いわばハンナ・アーレントが「人間の条件」にて示した労働と仕事の関係における「労働」であり、誰でもできて、消費されるものと実感。
自分の死後もなお永遠に残る作品をつくる「仕事」をしたいと思い、アートを志す。

キューブは最小単位として空間を埋め尽くすことが可能である。
キューブを使って、物事の見方を変えて、新たな気づきがあるメッセージ性のある作品を制作している。

Biography

COMING SOON...


●「Boundary」/ 2021 / 380×500×350mm / ステンレススチール、ポリアミド

●「Boundary」/ 2021 / 380×500×350mm / ステンレススチール、ポリアミド

●「Boundary 2」/ 2021 / 200×580×400mm / ステンレススチール、ポリアミド

●「perspective scale 1」/ 2021 / 100×100×20mm / 石墨、ステンレススチール、樹脂

●「perspective scale 2」/ 2021 / 100×100×20mm / 石墨、ステンレススチール、樹脂

●「perspective scale 4」/ 2021 / 100×100×20mm / 石墨、アクリル、樹脂

●「perspective scale 3」/ 2021 / 100×100×20mm / 石墨、アクリル、樹脂

●「perspective 21」/ 2021 / 200×200×20mm / 石墨、ステンレススチール、樹脂

●「Boundary Monolith 200 RED」/ 2021 / 200×200×40mm / 顔料、ポリアミド

●「Boundary Monolith 200 YELLOW」/ 2021 / 200×200×40mm / ステンレススチール、ポリアミド

●「Boundary Monolith 200 WHITE」/ 2021 / 200×200×40mm / 顔料、ポリアミド

●「Boundary Monolith 200 BLACK」/ 2021 / 200×200×40mm / 石墨、ポリアミド

●「Boundary Monolith 120 GREEN」/ 2021 / 120×120×20mm / 顔料、ポリアミド

●「Boundary Monolith 120 ALUMINUM」/ 2021 / 120×120×20mm / アルミニウム、ポリアミド

●「Boundary Monolith 360 RED」/ 2021 / 360×360×80mm / 顔料、ポリアミド

●「Boundary Monolith 360 STAINLESS STEEL」 / 2021 / 360×360×80mm / ステンレススチール、ポリアミド